レモン白湯にデメリット・メリットを紹介!寝る前に飲んでもいい?

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

有名モデルが愛飲していることでも有名なレモン白湯。

デトックス効果やリラックス効果などが期待されていますが、「デメリットはあるのか」「おすすめの飲むタイミングは?」と気になりますよね。

デメリットや避けたほうがいいタイミングもあるから注意!

せっかく美容のサポートにレモン白湯を飲み始めたのに、体に悪影響が出てしまうと悲しいですよね。

レモン白湯のメリット・デメリット、おすすめの飲み方をお伝えします。

\有機レモン果汁が安い/

目次

レモン白湯のデメリット

レモンと白湯のいいとこどりをしたレモン白湯ですが、デメリットもあります。主なデメリットは、次のとおりです。

  • 胃腸トラブルを起こす可能性
  • 歯のエナメル質への悪影響
  • 朝に「ソラレン」を摂ってしまう

次の項目で、それぞれ詳しくお伝えします。

過剰摂取したときにデメリットがあるから、1日1~2杯程度なら問題ないことが多いよ!

胃腸トラブルを起こす可能性

空腹時にレモン白湯を摂取すると、胃腸トラブルを引きおこす可能性があります。

レモンにはクエン酸が含まれていて、酸性の食べものです。クエン酸は胃粘膜を刺激する働きがあるので、胃が荒れやすいです。空腹時や胃腸の調子が悪いときは避けることがおすすめです。

胃腸トラブルを防ぐためにも、レモンを大量にいれることや常時飲むことはやめましょう。

歯のエナメル質への悪影響

レモン白湯は酸性の飲み物なので、歯のエナメル質を溶かす可能性があります。

歯は酸性の飲み物で歯が溶ける「酸触歯」という現象が存在します。ph5.5以下で歯が溶けるリスクがありますが、レモンのphは2.1しかないので、注意が必要です。

レモン白湯を飲んだあとには、水やお茶を飲むことや口をゆすぐことで対策できます。

ソラレンを摂るリスク

レモンなどの柑橘系には「ソラレン」といわれる成分が含まれています。ソラレンには紫外線を吸収する性質があるので、日焼けやシミのリスクがあがります。

ですが、レモンには微量のソラニンしか含まれていないので、1杯飲む程度ならば過度に気にする必要はありません。気になる人は夕方以降に摂取するか、ソラニンの含有量の多い皮部分は避けましょう。

レモン白湯のメリット

レオン白湯には、レモンによるメリットと白湯によるメリットの両方があります。白湯のメリットも含めた良い点は、次のとおりです。

  • デトックス効果
  • 美肌効果
  • リラックス効果
  • 疲労回復効果
  • 冷え性改善
  • 脂肪の蓄積を防ぐ成分が含まれる

気になる項目をそれぞれ詳しくお伝えします。

レモンに含まれるビタミンÇやクエン酸、エリオシトリンにはメリットが多いよ!

デトックス効果

白湯を飲むことで胃腸があたたまり、デトックス効果が期待されます。またレモンも胃腸に刺激を与える働きがあり、身体の排出力をサポートしてくれます。

デトックス効果を感じたい人は、朝起きてすぐに飲むリズムがおすすめです。空腹時に飲むことになるので、胃腸が弱い人はレモンの量を加減しましょう。

美肌効果

レモンには、ビタミンÇが豊富に含まれています。ビタミンÇには、メラニンの生成抑制や活性酵素の抑制の効果が期待できます。

水溶性ビタミンなのでこまめに摂取する必要がありますが、レモン白湯を1日1~2杯飲むことでビタミンÇを補給できます。レモン白湯によるビタミンÇ摂取は、美肌へのサポートには効果的です。

リラックス効果

レモンに含まれるレモリンは、気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果があります。

あたたかいレモン白湯を飲むことで、ほっとする時間を作りだすのでおすすめです。香りがない白湯よりも落ち着く人も多いです。

疲労回復効果

レモンに含まれるクエン酸は、疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。

運動等で疲れてしまったときは、クエン酸を摂取すると、体内の乳酸を分化しいてくれるので疲労の蓄積を防げます。身体の疲れがなかなか取れなくて悩んでいる人には、クエン酸はおすすめです。

脂肪の蓄積を防ぐ「エリオシトン」

レモンには、ポリフェノールのひとつである「エリオシトリン」が含まれています。エリオシトリンには、余分な脂肪の蓄積を抑える効果があります。

エリオシトリンは、レモンの皮のすぐ下の白い部分に含まれます。エリオシトリンが気になる人は積極的に摂取してみてください。

レモン白湯を飲むタイミングは?寝る前でもいい?

レモン白湯を飲むタイミングは、好きなときに飲んで大丈夫です。おすすめのタイミングもお伝えするので、参考にしてください。

  • デトックス効果なら朝
  • リラックス効果なら寝る前
  • 空腹時と歯磨き前は避ける

好きなタイミングで飲めるレモン白湯ですが、空腹時と歯磨き前は避けましょう。また1日に何杯も飲むことは、胃腸や歯に悪影響が出ることもあるので注意してください。

デトックス効果なら朝

レモン白湯でデトックス効果を期待する人は、朝がおすすめです。

毎朝レモン白湯を飲むことで、胃腸から全身があたたまり血液の流れをよくしてくれます。胃腸が動くきっかけとなるので、毎朝のリズムも整いスッキリしやすくなる効果が期待できます。

リラックス効果なら寝る前

レモン白湯には、リラックス効果も期待できます。

夜にレモン白湯を飲むことで体の中からあたためることができるので、睡眠の質が上がる可能性があります。またレモンに含まれるレモリンという成分にはリラックス効果があるので一石二鳥です。

胃腸があたたまることで副交感神経のはたらきが活発にしてくれるので、眠りにつきやすくもなります。

歯磨き前と空腹時は避ける

レモン白湯は歯磨き前と空腹時は避けることがおすすめです。

レモンは強い酸性の食べものなので、空腹時に食べると胃腸が荒れてしまう人もいます。朝のデトックス効果を期待してレモン白湯を飲む場合は、胃腸が不調にあらわれないかどうかを確認しながら試してみましょう。

またレモン白湯を飲んだ直後に歯磨きすることは避けましょう。酸性の食品を飲食した直後は、酸により歯が柔らかくなった状態になっているため、歯磨きをすると歯が傷ついてしまう可能性があります。

レモン白湯にはメリットが多い

レモン白湯にはデメリットはありますが、メリットの多い飲み物です。

酸が強い飲み物は梅干しや酢などがあり、レモンだけは問題視する必要はありません。ぜひ胃腸の調子などを確認しながらレモン白湯を生活にとりいれてみましょう。

\大事な日の前日におすすめ/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる